相続の問題でお困りの方に、 三輪知雄法律事務所の弁護士と相続チームが強い味方になります

誰しも一生に一度は、相続の問題が発生します。

遺産相続は、色々な法的知識や様々な手続などが必要になる非常に複雑な問題です。

相続人同士の話し合いで円満に解決できれば何の問題もありませんが、遺産に不動産があったり、遺産の処分・活用方法に意見の相違があるなどの場合には、話し合いが容易にまとまらないこともあります。

高齢化社会を迎えた日本では、「自分の相続について、○○には相続させたくない」、「認知症で高齢の母と無職の妹が遠方で同居しているが、その生活が心配」というようなお悩みは、多くの人が抱える一般的なものとなっています。

財産が多い、少ないということは関係ありません。
相続で争いになる前にご相談いただき、解決方法を一緒に考えましょう。

「弁護士を立てて、わざわざ事を荒立てたくない」と相談を嫌がる方もいらっしゃいますが、親族間の人間関係がこじれてからでは解決が難しくなることも多々あります。

金銭的な取り分を争うつもりはなくても、一部の相続人が、生前の父母から「遺産は、○○にたくさんあげてほしい」という、相続に関する”想い”を聞いていたり、父母の介護負担や付き合い方に差があったりして、遺産分割手続の進め方をめぐり、感情的な対立に発展することもあります。

兄弟姉妹の話を「疑うわけではないが、全部うのみにしてよいものか」と悩まれる方もいらっしゃいます。

ただし、ご自身のみで「本当にこれが遺産の全部なのか」というような主張をすると、言われた方もどうしても感情的になってしまい、親族関係がこじれる危険があります。

弁護士に依頼すれば、法的根拠に基づいて遺産の全容を明らかにさせることができるので、親族関係をなるべくこじらせないように、適切な解決を得られる可能性が高くなります。

また、弁護士に依頼することで、後日の遺産分割のやり直しをめぐって争いになるなど、無用なトラブルを防止することができます。

弁護士に頼むとお金がかかりますが、弁護士を立て有利な条件を引き出し、法的に適正な解決をすることは、結果的にプラスになる場合の方が多いと思われます。

特に、相続の細かい手続に不慣れな高齢の方や女性の中には、具体的な相続の流れや手続に対する不安もさることながら、これまでご経験のない状況に戸惑っている方、自分では何をすべきか分からない、決められないという方もいらっしゃいます。

「自分の死後に、遺産相続の問題でご家族が争わないようにしたい」、「遺産を早く分割したい」、「遺産の分割や名義変更、相続税申告などのややこしい手続は全部専門家に任せて、普段の生活に集中したい」、相続の問題を弁護士に相談する理由は人それぞれですが、どんな理由であっても、三輪知雄法律事務所の相続問題に精通した弁護士と相続チームのスタッフが力になります。

弁護士紹介|三輪知雄法律事務所|名古屋|金山駅徒歩5分

三輪知雄法律事務所の弁護士及び相続チームのスタッフは、相談者様にとって最大のメリットがある解決方法を、相談者様の立場でご検討いたします。

そして、相談者様から、率直なお気持ちや現状を真摯にお聞きし、今後の方向性や、相談者様にとって一番適切なご決断をサポートすることを何より重視しております。

一人でも多くの相談者様と出会い、お悩みを早期に解決し、明るい未来を提供することに貢献させていただければ幸いです。

三輪知雄法律事務所 代表弁護士・税理士 三輪 知雄

お悩みのご相談はありませんか?

自分の死後、家族が争わないか心配
【遺言作成、生前贈与】

・会社を経営しているので、会社を継ぐ子供と継がない子供で、バランスがとれた相続をしてほしい。
・下の子供に金を貸してきたが、約束を破り続け返済しない。他の家族との関係が悪いので、自分が死んだ時にもめないようにしたい。

相続財産調査、遺産整理一括依頼
【相続財産調査~相続税申告、登記まで】

・親が亡くなったが、長年一緒に住んでおらず、詳細がわからない。まずは、遺産の全体像や遺言の有無について調査してほしい。
・争いはないが、仕事が忙しいので、早く遺産の払い戻しから、相続税の申告、相続登記まで一括してやってほしい。

遺産分割がまとまらない
【遺産分割協議】

・相続人が好き勝手話しており、まとまらない。相続税の申告期限もせまっているが、どうしたらよいか?
・同居していた姉が母の預金を引き出していたことが判明した。相続において、どのように対処したらよいか。

遺言が不公平だ!
【遺留分侵害の調査・請求】

・親と同居している長男ばかり優遇しすぎで、遺言の内容が不公平すぎる! 
・相続財産に、不動産や株式など、価値の算定方法が難しいものが含まれており、遺留分を侵害されているのか分からない。

成年後見と相続の関係で相談したい
【成年後見人対応】

・障害を持っている子供がいるので、自分が認知症になった時に財産管理や相続の手続をお願いしたい。
・認知症の父に、他の兄弟が後見人をつけるといってるが、不安。これに対する対応を相談したい。

三輪知雄法律事務所が相続問題の解決で選ばれる3つの理由

理由1:遺言作成から、遺産分割調停、相続登記、相続税申告まで、相続の問題をワンストップで解決!

三輪知雄法律事務所には、相続問題に詳しい弁護士や税理士資格を有する弁護士が在籍しており、遺言作成から遺産分割の調停、相続登記、相続税の申告までワンストップで対応可能です。
相続問題について、一部だけ扱うという専門家の方もいますが、相続に関する問題全体を解決するという視点が欠け、問題をこじらせる可能性もあります。
三輪知雄法律事務所では、相談者様が抱えている相続問題のお悩みを全面的に解決することができます。

理由2:金山駅徒歩5分の好立地!夜間休日も応相談!

三輪知雄法律事務所では、金山駅から徒歩5分の場所に立地しております。
事務所のビルの建物は、大津通に面しておりますので、車で来られる方にもアクセスは良好です。
夜間のご相談は、平日の夜20時からでも予約を入れて頂くことは可能です。

理由3:経験を生かし根本的な解決を志向します

三輪知雄法律事務所では、顧問会社に不動産業者があり、立ち退きや不動産に関する法律問題についてアドバイスを行うなど、不動産問題にも強い事務所です。
また、所属弁護士及びスタッフが、遺産分割協議書の作成や相続税の申告等の行った自分自身の経験をふまえて、預金や生命保険金の請求など、手続関係のご相談にも臨機応変に対応するように務めております。
相手方に対しては、性格や属性をふまえ、相談者様と共に正当な権利主張を行い、相続に関するお悩みを根本的に解決することを志向しています。

相続問題に強い弁護士が対応いたします!

弁護士 三輪知雄 写真

弁護士/税理士 三輪 知雄 (みわ ともお)

1980年生/2008年弁護士登録/2019年税理士登録/

遺産分割、相続税申告、相続登記など関連対応。後見人業務。経営者の相続相談・事業承継など

弁護士 平松達基 写真

弁護士 平松 達基(ひらまつ たつき)

1990年生/2016年弁護士登録/

遺言作成、遺産分割交渉・遺産分割調停、遺留分減額請求。

初回相談から相続問題の解決までの流れ

相続問題の解決実績

相続問題のお役立ち情報

アクセス