【不倫慰謝料を請求された】【40代女性】【請求額500万→50万で解決】結婚し新たな家庭を築いていたところ、以前の交際相手の妻から、不倫の慰謝料や貸金の返還等を理由に500万円の請求を受けたが、50万円で早期解決し、家庭に知られずに解決に至った事例

1.相談者様の性別、年代、ご要望等

  • 40代女性、既婚、子2人あり
  • 交際期間中は、相手方と妻との婚姻関係は破綻していたと聞いていた
  • 交際期間1年程度
  • 今の家族には知られずに解決したい
  • 以前の交際相手の妻からの慰謝料請求、賃金等の返還請求

2.ご相談内容

(1)三輪知雄法律事務所に相談前の状態

ご相談者様は、旦那様とお子様と3人で生活をしていました。

現在の旦那様とご結婚される以前に、別の男性とお付き合いをされており、その男性の妻が、今回の相手方です。

相手方の夫と交際していた頃には、既に相手方夫婦の関係は破綻していたと聞いており、相談者様と男性(相手方の夫)は、再婚するつもりで交際していたそうです。

しかし、その後、男性とは別れることになり、現在の旦那様と再婚をされました。
現在の旦那様との間に、子が産まれてしばらくたった頃、相手方より相談者様宛に書面が届きました。

書面には、不倫による慰謝料と相談者様が交際中に相手方の夫から借り受けたという金銭の返還を理由に500万円を請求するといった内容が書かれていました。

男性から、妻との関係はすでに破綻していたと聞いていたことから、相談者様としては、男性との当時の関係が不倫という自覚はなかったとのことです。

相談者様は、今の旦那様とお子様との家庭が何より大切で、とにかく今の家庭を守りたい、と強く希望されていました。また、現在の旦那様には、相手方からの請求の事実を知られることのないように解決したいとのご要望でした。

依頼者様は、金銭的な請求には応じたくないと考えていましたが、応じられないと回答すると、家族や職場などの関係者にも相手方から連絡がいくのではないかと不安になり、弁護士に相談しようと考え、Googleで検索したところ、男女問題で、特に女性からの相談に力を入れている三輪知雄法律事務所を見つけ、電話したところ、弁護士と話ができ翌日に弁護士相談の予約が取れたことから、ご相談にいらっしゃいました。

(2)法律相談後の経過、及び解決内容

初回相談で経緯を詳しく伺い、三輪知雄法律事務所に委任されることとなりました。

受任後、直ちに、相手方に対して受任通知を送付いたしました。
今後は三輪知雄法律事務所の担当弁護士が交渉の窓口となるため、相談者様及び相談者様の家族や関係者へ直接連絡をしないよう書面を送付いたしました。

また、相手方からの請求内容を精査し、交渉を開始しました。

○慰謝料請求について

相手方に対し、相談者様は男性(相手方の夫)から相手方夫婦の関係について、交際時には破綻していたと聞かされており、不倫であることは知らなかったと主張しました。

しかし、相手方は非常に感情的になっており、こちらの主張に聞く耳を持たない様子でした。
相談者様としても、当時の交際相手から「妻とは破綻している」と聞かされていただけで、それを裏付ける証拠などは何もありませんでしたし、当時の相手方夫婦の状況等を証明することは難しく、感情的になった相手方から相談者様が提訴されてしまうと、旦那様へ相手方からの請求内容が知られてしまう可能性もありました。

相談者様は、旦那様へこの事実が知られてしまうことを避けたいと要望されていましたので、まずは早期解決を目指し、慰謝料請求については、一定の金額を支払う方針としたものの、相手方夫婦が未だに離婚をしていないことから、慰謝料は低額にとどまる旨の主張をしました。

○貸金等の返還請求について

相談者様は、男性との交際中、共同で金銭の保管をしており、両者間で口頭での貸し借りもあったようですが、そこからの支出については、何にいくら使ったか等の明確な証拠がなく、マンションの退去時のクリーニング代や家財処分費などについて、負担関係を明確に決めないまま交際関係を解消しており、相手方からの請求も曖昧なものでした。

そこで、貸金等については、明確な証拠がないため、相手方からの請求には応じられないと強く主張しました。
相手方からは、幾度となく反論内容が書かれた書面が送られてきましたが、何度も粘り強く主張した結果、慰謝料も含む解決金として50万円を支払うことで示談書を作成し、相手方との示談を進めました。

蒸し返しのない解決を内容とする示談書作成

担当弁護士が作成した示談書には、下記の条項を記載しました。

・口外禁止条項(非開示条項)
 (家族、職場など第三者に口外しない、双方の名誉や信用を毀損する言動や行動を口頭・SNS等で行わないこと)

・非開示条項を遵守しなかった場合の制裁金の条項
 (違反した者が相手方に対し、違約金を支払うこと)

・その他、両者の間の一切の問題を永久的に解決するという条項

示談書作成後、相手方との面談日を調整し、担当弁護士が相手方本人と面談を行いました。
そこで、示談書に署名押印をさせ、示談成立となりました。

相手方へは、相手方指定の口座へ解決金50万円を示談成立から速やかに支払い、本事案は解決となりました。

相談者様は、ご家族に今回の内容を知られることなく、早期に解決できたこと、相手方からの請求金額から大幅に減額することができたことに大変安堵しておられました。

3.解決期間と弁護士費用

ご相談の事例において、解決まで要した期間と三輪知雄法律事務所の弁護士費用は以下のとおりとなります。

解決まで要した期間と弁護士費用

○ご相談から示談成立までの期間:約4ヶ月程度

○三輪知雄法律事務所の弁護士費用
 ・着手金:10万円
 ・報酬:72万円
 (相手方からの請求額から減額した金額の16%)

※消費税、実費等は別途。
※費用は、あくまで参考としてお示しするものであり、個別の案件やご相談内容によっても異なりますので、詳細は法律相談の際に担当弁護士までお問い合わせください。

4.三輪知雄法律事務所の担当弁護士からのコメント

弁護士三輪知雄写真

三輪知雄法律事務所 
担当弁護士:三輪 知雄

出身地:名古屋市。出身大学:京都大学法科大学院。主な取扱い分野は、離婚事件、企業法務、倒産事件、相続事件。

以前交際していた方の配偶者から、突然、不倫の慰謝料を支払えと言われたら、かなり動揺されると思います。
ましてや、今回の事案のように交際していた当時に不倫していたという自覚はなく、交際相手から夫婦関係は破綻していたと聞かされていた場合は、なおさらです。

しかし、家族を守りたい気持ちは重要です。しかし、その一心で、相手方から言われたままの請求金額を全て支払う必要はありません

まずは、相手方の請求内容を分析し、その根拠や内容をよく見極めることが大切です。
すぐに相手方に返答をせず、第三者である弁護士に相談することをお薦めします

また、相手方に弁護士がついていない場合、当事者同士での話し合いになります。
当事者同士での話し合いでは、感情的になってしい、解決までに時間がかかることや、感情的になった相手方が家族や関係者に接触をする可能性があります。

しかし、弁護士が代理人として間に入ることで、冷静に交渉を進めていきますので、交渉がスムーズに進むようになります

当事者同士での話し合いでは、どうしても精神的に負担がかかりますので、交際相手の配偶者から不倫の慰謝料請求をされたら、一人で悩まず、三輪知雄法律事務所へご相談ください。

5.交際相手の配偶者からの慰謝料請求に強い三輪知雄法律事務所へのお問い合わせ

三輪知雄法律事務所の「交際相手の配偶者からの慰謝料請求に強い弁護士」へのお問い合わせは、以下の「電話番号(受付時間・平日 9:00~18:00)」にお電話いただくか、メールフォームによるお問い合わせも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


※この記事は公開日時点の法律をもとに作成しています。