遺言書を作成したい方

遺産相続は相続する側、される側にも大きな心配がつきまといます。

「兄弟円満で、相続でもめることはない」、「たいした財産もないのに、遺言なんて大げさだ」とお思いになられるかもしれません。

ところが、実際に相続が発生し、財産を取得する権利が得られるとなると、兄弟姉妹の態度ががらっと変わったり、その配偶者が口を挟んできたりして、一気にややこしい問題に変わってしまいます。

また、相続の問題は、生前の被相続人との関係や関わりなど、法律だけでは解決できない感情の問題が多く含まれています。被相続人と日常的に親しかった兄弟も、喧嘩ばかりしていた兄弟も、親しさだけでは法律上の相続権に差はありません。そのため、こじれてしまうと収拾がつかなくなりがちです。

現時点では、そのようなことを防ぐために、「遺言を書く」、もしくは「遺言を書いてもらう」ことがほとんど、唯一の方法と言えます。

「遺言書」があれば、財産を残す方は、自分の希望を明確な形に残して伝えることができます。

自分の生前に、相続人らを集めて話をしておけば大丈夫という方もみえますし、一定の効果はあるかと思います。しかし、三輪知雄法律事務所の相談事例でも、相続人が家に帰ってから、夫や妻に言われて自分は損をしているのではないかなどと疑心暗鬼になり死後、やはり納得できないとしてトラブルになるケースもありました。

遺言書があれば、相続する方も、基本的には、希望する財産の権利を自分が取得することができ、遺言がない場合と比べれば俄然、有利になります。遺言書がないまま、相続になれば、相続する場合でも、される場合でも、なかなか思い通りにはなりません。

しかし、「よし、親に遺言書を書いてもらおう」と思っても、専門家でない人が1人で、法律的に有効な書き方をするのは、なかなか困難です。

また、書いてもらう場合には、親など被相続人となる人にどのように話を持って行けば良いのか、という問題もあります。

遺言書の書き方に不備があれば無効となりますし、その遺言書は全く意味をなさないものになってしまいます。

  • 父が、口約束では、自分に財産を多く残してくれると言っているが、他の兄弟姉妹が心底納得しているか分からないので、遺言を書いてほしいとお願いしているが、書き方が分からないからと遺言書を書いてくれない
  • 子供たちの仲が悪くて、このままだとトラブルになりそうなので遺言を残したい
  • 事情があり、特定の子供に多くの財産を承継したい
  • 土地や株式という財産ごとに、財産を譲りたい

このような場合は、遺言作成及びその後のことも全て対応可能な弁護士にご相談されることをお勧めします。

特に、三輪知雄法律事務所では、税理士資格をもった弁護士がおり、登記業務(不動産の名義変更)も扱っておりますので、法律、税金、名義変更など、相続に関する問題を一括して対応することができます。

初回相談は無料となっております。ぜひ当事務所の法律相談をご利用くださいませ。