誰しも一生に一度は、相続の問題が発生します。

遺産相続は、色々な法的知識や様々な手続などが必要になる非常に複雑な問題です。

相続人同士の話し合いで円満に解決できれば何の問題もありませんが、遺産に不動産があったり、遺産の処分・活用方法に意見の相違があるなどの場合には、話し合いが容易にまとまらないこともあります。

高齢化社会を迎えた日本では、「自分の相続について、○○には相続させたくない」、「認知症で高齢の母と無職の妹が遠方で同居しているが、その生活が心配」というようなお悩みは、多くの人が抱える一般的なものとなっています。

財産が多い、少ないということは関係ありません。
相続で争いになる前にご相談いただき、解決方法を一緒に考えましょう。

「弁護士を立てて、わざわざ事を荒立てたくない」と相談を嫌がる方もいらっしゃいますが、親族間の人間関係がこじれてからでは解決が難しくなることも多々あります。

金銭的な取り分を争うつもりはなくても、一部の相続人が、生前の父母から「遺産は、○○にたくさんあげてほしい」という、相続に関する”想い”を聞いていたり、父母の介護負担や付き合い方に差があったりして、遺産分割手続の進め方をめぐり、感情的な対立に発展することもあります。

兄弟姉妹の話を「疑うわけではないが、全部うのみにしてよいものか」と悩まれる方もいらっしゃいます。

ただし、ご自身のみで「本当にこれが遺産の全部なのか」というような主張をすると、言われた方もどうしても感情的になってしまい、親族関係がこじれる危険があります。

弁護士に依頼すれば、法的根拠に基づいて遺産の全容を明らかにさせることができるので、親族関係をなるべくこじらせないように、適切な解決を得られる可能性が高くなります。

また、弁護士に依頼することで、後日の遺産分割のやり直しをめぐって争いになるなど、無用なトラブルを防止することができます。

弁護士に頼むとお金がかかりますが、弁護士を立て有利な条件を引き出し、法的に適正な解決をすることは、結果的にプラスになる場合の方が多いと思われます。

特に、相続の細かい手続に不慣れな高齢の方や女性の中には、具体的な相続の流れや手続に対する不安もさることながら、これまでご経験のない状況に戸惑っている方、自分では何をすべきか分からない、決められないという方もいらっしゃいます。

「自分の死後に、遺産相続の問題でご家族が争わないようにしたい」、「遺産を早く分割したい」、「遺産の分割や名義変更、相続税申告などのややこしい手続は全部専門家に任せて、普段の生活に集中したい」、相続の問題を弁護士に相談する理由は人それぞれですが、どんな理由であっても、三輪知雄法律事務所の相続問題に精通した弁護士と相続チームのスタッフが力になります。

弁護士紹介|三輪知雄法律事務所|名古屋|金山駅徒歩5分

三輪知雄法律事務所の弁護士及び相続チームのスタッフは、相談者様にとって最大のメリットがある解決方法を、相談者様の立場でご検討いたします。

そして、相談者様から、率直なお気持ちや現状を真摯にお聞きし、今後の方向性や、相談者様にとって一番適切なご決断をサポートすることを何より重視しております。

一人でも多くの相談者様と出会い、お悩みを早期に解決し、明るい未来を提供することに貢献させていただければ幸いです。

三輪知雄法律事務所 代表弁護士・税理士 三輪 知雄